寂しさの拭えない夜
たった一人 君を思い出す

人など恋しくないと思ってた
周りは全て道具だと思ってた
愛なんて求めなかった
そんなものを信じちゃいなかった

だけどたった一人君は
君だけは僕をまっすぐ見据えた
僕は気づかなかった
差し伸べられた小さな手

気づいたときには遅かった
差し伸べられた手はそこにはなかった
暗闇にたった一つ差し込んだ光を
僕は見逃していた

それとも
眩しすぎて目があけられなかったんだろうか



































×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。