言葉の端からほどけていく
それはまるで愛の崩れのように
全てを愛していたのに
全てを嫌いになってしまうような
そんな ほどけ を感じる
どんなに近くにいたって
貴方は僕など見ていない
それがわかっていながら
僕は貴方のそばから離れられない
どうしてだろう
貴方のそばが心地いい
あの人を思い浮かべて笑う貴方が
何よりも美しくて
見とれてしまう

僕を愛してくれなんて
そんなことは到底言えないけれど
視界に入れてもらえませんか
ただそれで満足です




































×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。